記事一覧

2017年New Album"Rockin' And Rollin'”怒濤のリリースツアー第一弾

ファイル 115-1.jpg

blues.the-butcher-590213 10th Anniversary Album "Rockin' And Rollin'” Tour! 第一弾

ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g 沼澤尚ds 中條卓b KOTEZhca&vo)+うつみようこvo&g

6月1日(木)高円寺JIROKICHI 
「ブルーズ・ザ・ブッチャー10周年記念アルバム”RockIn’&Rollin’”リリース・ライヴ 2Days」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g 沼澤尚ds 中條卓b KOTEZhca&vo)+うつみようこ(vo.g)
Open:18:30 Start:19:30
予約¥3,500 当日¥4,000
予約受付
問:03-3339-2727
東京都 杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビルB1
http://jirokichi.net

6月2日(金)高円寺JIROKICHI
「ブルーズ・ザ・ブッチャー10周年記念アルバム”RockIn’&Rollin’”リリース・ライヴ 2Days」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g 沼澤尚ds 中條卓b KOTEZhca&vo)+うつみようこ(vo.g)
Open:18:30 Start:19:30
予約¥3,500 当日¥4,000
予約受付
問:03-3339-2727
東京都 杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビルB1
http://jirokichi.net

6月4日(日)名古屋 TOKUZO
「ブルーズ・ザ・ブッチャー10周年記念アルバム”RockIn’&Rollin’”リリース・ツアー」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g 沼澤尚ds 中條卓b KOTEZhca&vo)+うつみようこ(vo.g)
18:00open 19:00start
前売¥4,000 当日¥4,500
問:052-733-3709/mail@tokuzo.com

6月5日(月)松阪 M'AXA
「ブルーズ・ザ・ブッチャー10周年記念アルバム”RockIn’&Rollin’”リリース・ツアー」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo,g 沼澤尚ds 中條卓b KOTEZhca,vo)+うつみようこvo,g
Open:18:00 Start:19:00
前売¥4,000 当日¥4,500
問:0598-56-4825 e-mail:maxa@maxa.jp 
三重県松阪市市場庄町1148-2
http://www.maxa.jp/index2.html

6月6日(火)京都 磔磔
「ブルーズ・ザ・ブッチャー10周年記念アルバム”RockIn’&Rollin’”リリース・ツアー」
ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g 沼澤尚ds 中條卓b KOTEZhca&vo)+うつみようこvo&g
open 18:00/start 19:00 
前売¥4,000/当日¥4,500 
tel:075-351-1321
http://www.geisya.or.jp/~takutaku/
京都市下京区富小路仏光寺下がる

6月7日(水)姫路 fab space
「ブルーズ・ザ・ブッチャー10周年記念アルバム”RockIn’&Rollin’”リリース・ツアー」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo,g 沼澤尚ds 中條卓b KOTEZhca,vo)+うつみようこvo,g
DJ:TATS
open:19:30 start: 20:00 
前売り¥4,000当日¥4,500
問:079-222-2882
http://www.club-fab.com/index.htm
兵庫県 姫路市魚町68KYOEIビルB1

6月8日(木)広島 JIVE
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:blues.the-butcher-590213(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚ds、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
OA:KABACHI
open:19:00 start:19:30
前売り¥4,000当日¥4,500
問:082-246-2949
http://livecafejive.wix.com/
広島市中区薬研堀2-13

6月9日(金) 小倉 R Cafe
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:blues.the-butcher-590213(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚ds、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
OA:タートル・ロッカーズ
open:18:00 start:19:00
前売/¥4000 当日/¥4500(1ドリンク別)
問:093-471-5995
福岡県北九州市小倉南区中曽根東2-17-14
https://www.facebook.com/rcafe.kokura/

6月10日(土)博多 PEACE
「PEACE 10th anniversary  ~2日目~ 」 
OPEN 18:00
前売 \3000 / 当日\3500
3日間通し\6000(記念グッズ付き)
出演
dachambo
ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g 沼澤尚ds 中條卓b KOTEZhca&vo)+うつみようこvo&g
木村充輝(ex.憂歌団)
colteco
力久博之
and more

問:092-741-5405
福岡県福岡市中央区荒戸1丁目9-22
http://www.peace-livehouse.net

6月11日(日) 佐賀 ROCK RIDE
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚dr、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
O.A:未定
OPEN/19:30 START/20:00
前売/¥3500 当日/4000(1ドリンク別)
問:0952-26-2687
http://ameblo.jp/t-a-music
佐賀県佐賀市呉服元町2-4

6月12日(月)熊本 ONE DROP CAFE
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚dr、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
OPEN19:00 START20:00
charge:¥4000
OA:未定
問:096-331-1106
熊本県熊本市東区沼山津1-1-21
https://www.one-drop.org

6月13日(火)鹿児島 SR HALL
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚dr、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
O.A:Mojo Kids / Bar MOJO / WALK INN STUDIO
Open:18:30 Start:19:00
前売:¥4000 当日¥4500
問: 099-227-0337
鹿児島市天文館キャパルボ7F
https://www.kagoshima-sr.jp

6月14日(水)宮崎 NEW RETRO CLUB
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:blues.the-butcher-590213(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚ds、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
OA:623BAND
open:18:30 start:19:00
前売/¥4000 当日/¥4500(1ドリンク別)
yos-unit FUN CLUB/¥3,500 高校生以下¥2,000
問:0985ー22ー1588
http://www.new-retro-club.com
宮崎市橘通り西2丁目2-27

6月15日(木)宇部 BIG HIP
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚dr、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
open:19:00 start:19:30
前売り¥4,000  当日¥4,500 (要1ドリンク・オーダー)
O.A:ジターバックHD、ROZWELLS、The Burritos
問:0836-29-0434
 mail info@bighip.co.jp
http://www.pelican-trax.com/bighip/
山口県宇部市松島町17-15かじやまビル2F

6月16日(金)岡山 MO:GLA
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:blues.the-butcher-590213(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚ds、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
OA:だってタエちゃん’s
Open:19:00 Start:19:30
前売¥4,000 当日¥4,500
問:086-235-3277
http://www.mo-gla.com/home.html
岡山市北区中央町3-17 橋本興産第一ビル 地下1階

6月17日(土)大阪 S.O.Ra
「ブルーズ・ザ・ブッチャー結成10周年記念アルバム"Rockin' And Rollin'”リリースツアー」
出演:ブルーズ・ザ・ブッチャー(永井ホトケ隆vo&g、沼澤尚dr、中條卓b、KOTEZ hca&vo)+うつみようこvo&g
OPEN18:00  START19:00 
前売¥4,000 当日¥4,500
問:06-6644-9292(ジョイフル・ノイズ)
大阪市浪速区湊町1-3-1
http://www.joyful-noise.net/sora/

2017年 あけましておめでとうございます!

ファイル 112-1.jpg

ゆったりしたいい正月を過ごしています。
やはり、大晦日から正月三箇日まではのんびりするのがいいですね。
風呂に入って、年越し蕎麦を食べて、神社に参拝して、呑んで、食べて、寝て・・・友達と遇って話して笑ってまた呑んで、食べて、寝て・・・ザ・正月です。

もう少ししたらまた忙しくなって時間に追われるような生活になるので、今の内にぐだぐだ、ダラダラしたいものです。

今年はブルーズ・ザ・ブッチャーが10周年を迎えます。
いろいろ考えていることもありますが、まずはいつも通りライヴとツアーを楽しみたいです。

ということで今年もよろしくお願いします。

宝くじも買いましたが、とにかく健康でいられればいいかなと思います。
もし、ライヴの数が減ったら宝くじが当たったと思ってください。

では、よいお正月を。

P.S.写真は去年会った中でいちばんインパクトのあった動物ハシビロコウ。酉年ということで。

blues.the-butcher-590213: Three O’Clock Blues

ファイル 109-1.jpg

ブルーズ・ザ・ブッチャー/スリー・オクロック・ブルーズ

[CD] PCD-18815 定価:¥2,685+税

[LP] PLP-6879 定価:¥2,778+税

Release Date: 2016.06.15

[CD TRACKLIST]1. Cat Squirrel2. Baker Shop Boogie3. Crosscut Saw4. Straighten Up Baby5. Three O’Clock Blues6. I Pity The Fool*7. No More Doggin’*8. How Many More Years*9. Mystery Train*10. Please Don’t Leave Me11. Just A Little Bit12. How Can You Be So Mean*13. Cotton Crop Blues*CD Only

[LP TRACKLIST]SIDE A1. Cat Squirrel2. Baker Shop Boogie3. Crosscut Saw4. Cotton Crop Blues5. Next Time You See Me*SIDE B1. Little Walter’s Boogie*2. Three O’Clock Blues3. Straighten Up Baby4. Just A Little Bit5. Please Don’t Leave Me*LP Only

blues.the-butcher-590213 二年ぶりのニューアルバムリリース!!!

ファイル 108-1.jpg

6/15に我がブルーズ・ザ・ブッチャーのニューアルバム"Three O'Clock Blues"がリリースされます。今回のテーマはメンフィス・ブルーズ。B.B.キングがそのブルーズマンとしての人生を始めた街でもあるメンフィスは、B.B.と同期のボビー・ブランド、ジュニア・パーカー、ロスコー・ゴードンそしてジェイムズ・コットン、リトル・ミルトン、ハウリン・ウルフが活躍した街であり、ブルーズにとっては歴史のある重要な街。今回のアルバムはそのメンフィスで活躍した、メンフィスに関わりのあったブルーズマンたちが残したたくさんの曲の中から、ブルーズ・ザ・ブッチャーのメンバーが愛するブルーズを収録しました。
そして、今回はレコードとCDを同時発売!レコードとCDに収録された曲は何曲か違う曲が収録されています。
アーシーな曲からファンキーな曲まで時代を越えたメンフィスのブルーズを網羅しました。
個人的には初めてリゾネーター・ギターを使用しました。念願であったボビー・ブランドやジョニー・エースそしてドクター・ロスも録音できました。
発売日の6/15と翌日の16には高円寺JIROKICHIにてリリースライヴを敢行します。
もちろんアルバム発売も記念トートバッグ、Tシャツも発売もあります!
そして、6/22からはロング・リリース・ツアーが東北からまた始まります。北陸、信州、関西方面にも北海道にもまた行きます!

P-VINE Records INFO
BACK TO MEMPHIS!日本屈指のブルーズ・コンボ、ブルーズ・ザ・ブッチャー、メンフィスをテーマに据えた2年ぶりのニュー・アルバム!CD&LP同時発売!

ビール・ストリーターズとして活動をともにしていたB.B.キング、ボビー・ブランド、ジュニア・パーカー、ロスコー・ゴードン、ジョニー・エイスら、メンフィスゆかりのブルーズマンの楽曲に真っ向から取り組んだディープ・ブルーズ・アルバム!

■永井“ホトケ”隆(g/vo)×沼澤尚(ds)×中條卓(b)×KOTEZ(hca/vo)=ブルーズ・ザ・ブッチャー、ムッシュかまやつ、ジェームズ・ギャドソンとの共演盤を含めて通算第7作となる2年ぶりのニュー・アルバム!今回はゲストはなし。メンバー4人だけでブルーズの真髄を追求!初のCD&LP同時リリース!
■沼澤尚と中條卓の超強力リズム隊が生み出す極上のグルーヴに、永井“ホトケ”隆のディープなブルーズ・シンギング&ギターと、KOTEZのパワフルなハーモニカ&ヴォーカルが乗る唯一無二のバンド・サウンドはますますパワーアップ!向かうところ敵なし!
■永井がリゾネーター・ギターをかき鳴らす(エレキ以外のギターの導入はbtb史上初)意表をつく幕開けのドクター・ロスのワンコード・ブギ「Cat Squirrel」では、北ミシシッピのブルーズにも通じるヒプノティックなノリを見せる。ザクザクとしたブギ・ビートが心地好いウィリー・ニックス「Baker Shop Boogie」や、ジェイムズ・コットン「Straighten Up Baby」、ハウリン・ウルフ「How Many More Years」(CDのみ)といったシャッフル・ナンバーにおけるまさに“ロッキン”なグルーヴはbtbの真骨頂。沼澤のドラムが楽しいアルバート・キングのラテン調演目「Crosscut Saw」、粋な風情も漂うロスコー・ゴードンのR&B的な2曲「No More Doggin’」(CDのみ)「Just A Little Bit」といったダンサブルなナンバーもゴキゲンな仕上がり。ロックンロールの生地でもあるメンフィス、エルヴィス・プレスリーも取り上げたジュニア・パーカーの「Mystery Train」(CDのみ)もbtb流に料理。ビッグ・ウォルターのインスト曲「Little Walter’s Boogie」(LPのみ)ではKOTEZのハーモニカが縦横無尽に駆け巡り、ボビー・ブランド「I Pity The Fool」(CDのみ)、ジェイムズ・コットン「Cotton Crop Blues」のスロー・ブルーズ2曲は重厚かつ緊迫感あふれる極上の仕上がり。
■ウエスト・ロード・ブルーズ・バンド時代にB.B.キングの前座を務めたこと(1972年)がブルーズを歌いはじめるきっかけになったという永井。B.B.の代表曲のひとつ「Three O’Clock Blues」を取り上げ、アルバム・タイトルにしたことには、2015年5月14日に逝去したB.B.に対する永井の想いが込められている。その想いがたっぷりと詰まった「Three O’Clock Blues」、そしてアルバム『スリー・オクロック・ブルーズ』、じっくりと味わってほしい。
■4作目の付き合いとなる内田直之(LITTLE TEMPO、OKI DUB AINU BAND等)による録音&ミックスも見事のひと言。極上の“鳴り”を体感してほしい。
■アートワークは引き続き世界的な写真家・菅原一剛氏が担当。
http://p-vine.jp/artists/blues-the-butcher-590213

明日12/16リリース!世界に誇れるB.B.キング・ボックスセット「

ファイル 104-1.jpgファイル 104-2.jpg

P-Vine レコードが40周年を記念して総力を上げて取り組んだ素晴らしい企画
B.B.キング『ザ・コンプリート・RPM/ケント・レコーディング・ボックス 1950~1965 The Life, Times and the Blues of B.B. in All His Glory』

B.B.キングの名アルバム。名曲があふれるように生み出された1950 年から65 年のRPM /ケント時代の全録音を詰め込んだ空前絶後のボックス・セットです。
CD17枚+アナログレコード1枚+本一冊+ブックレット(解説+写真+歌詞)という充実のボックス。
¥38,500+税と高価だが価値あり!
今年逝去したB.B.を想い出し、彼の音を振り返る度にこのボックスのもつ意味が深いものになると思います。
この立派な作品に私もライナーをひとつ書かせていただきました。光栄に思います。

やはり、キング・オブ・ザ・ブルーズ!B.B.キングです。

http://p-vine.jp/music/pcd-lp-3_20

The Day Of Pleasure/京都一乗寺音楽フェスに参加します!

ファイル 103-1.jpgファイル 103-2.jpgファイル 103-3.jpg

12/20 京都一乗寺のいろんなお店で繰り広げられるイベント「The Day Of Pleasure/京都一乗寺音楽フェス」に参加します。
僕は「永井ホトケ隆のブルーズ講座」で、「B.B.キングのブルーズと彼の生涯」の話を演奏もまじえながらやります! 手伝ってくれるのはB.B.を弾かせたらまず右に出る者はいない田中晴之(g)くんです。
人数限定ですのでお早めに予約してください。http://www.ichijyoji.net

ブルーズ・ザ・ブッチャー念願のアナログレコード・リリース!

いよいよ念願のアナログ・レコードがリリースされる。何年も前からレコード会社に働きかけてきた企画が実現するので本当に嬉しい。
昨今、ヨーロッパそしてアメリカでのアナログ・レコードの本格的な復活の兆し、そして日本でもレコードでリリースを始めるミュージシャンが増えてきた現状を知っている方も多いと思う。
ターンテーブルもアナログ用の音響機器もそんなに高くないし、中にはスピーカー付きプレイヤーが1万くらいの廉価でもあるので、是非この際にレコードの音の良さを味わってもらいたい。そして、かって持っていたレコード・プレイヤーを押し入れにいれてしまった年配の方たちはもう一度押し入れから出して、僕たちの新しいアルバムだけでなく、昔買ったレコードも押し入れから出してもう一回聴いてもらいたい。きっとCDにはないその音のやわらかさ、包み込まれる広がりに再び気づくと思う。

今回のブルーズ・ザ・ブッチャーのアナログレコードは、CDで発売した前のアルバム"In The Basement"とその前のアルバム"Voodoo Music"から5曲ずつ選曲し編集したものをレコード用にリミックスした。アルバム・タイトルは『blues.the-butcher-590213』
そしてシングルも同時発売する。シングルはいわゆるドーナツ盤と呼ばれるもので"In The Basement"と"I Feel So Good"が両A面という感じになっている。
僕は昔からCDよりもレコード派なので今回のレコード発売は格別に嬉しい。音はCDよりアナログレコードの方がいいと僕はずっと思っている。特にシングルは音圧も高く、更なる高揚感が味わえる。
アナログ・レコードの片面20分程度という時間の長さも音楽に集中するのに適した時間だと思う。片面が終わったらひっくり返してもう片面へというこの少し休む時間が耳を少し休める時間にもなる。CDの1時間以上収録されている音楽をずっと集中して聴くのは無理だと僕は前から感じている。コンピューターとかヘッドホーンや車の中だけで音楽を聴くのではなく、ちゃんとスピーカーの前に座って珈琲やお酒を飲みながら音楽をゆっくり聴く時間をアナログレコードで持ってもらいたい。
今回の僕たちブルーズ・ザ・ブッチャーのアナログレコードのリリースをきっかけに、CDとはまた違うそのふくよかで豊かな音の良さを是非味わっていただきたい。
リリース日は6月17日。前日の高円寺JIROKICHIでのライヴでは先行発売予定。その後のリリース・ツアーでは会場で販売します。
そして、ディスク・ユニオン、タワーレコード、アマゾンではすでに予約受付中です。再発はなく限定生産なのでお早めにゲットしてください。
詳しくはP-Vineレコードのサイトをご覧下さい→http://p-vine.jp/news/20150514-130551

感謝!好評!永井ホトケ隆ブルーズ・パワー・ラジオアワー

ファイル 87-1.jpeg

昨年10月にリリースしたアルバム「永井ホトケ隆ブルーズ・パワー・ラジオアワー」が、好評価を得てたくさんの方に入手していただいているようでありがとうございます。
ブルーズをこれから聴こう、もっとブルーズを知りたいという人たちが親しめるように選曲からライナーノーツ、歌詞の訳、そしてDJもすべてひとりでやりました。
ブルーズを広めたいという僕の長年の気持ちを少しでも受け取ってもらえれば嬉しいです。
タワーレコードのオンライン・ショップやAmazonでは品薄になっている時もあるようですが、しばらく待っていただければ補充されますので不当に高い値段で出されているものに手を出さないでください。正価は税込みで¥2,160です。
また、僕のライヴとblues.the-butcher-590213のライヴ会場ではゲットできます。

では、お楽しみください!
Hey!Hey!The Blues Is Alright!

「私はリズム&ブルースを創った」ジェリー・ウェクスラー、デヴィッド・リッツ著(新井崇嗣 訳)みすず書房

ファイル 86-1.jpg

あっと言う間に読んだ。興味深く、面白い本だった。
黒人音楽にある程度ハマり込むと必ず出会う名前がジェリー・ウェクスラー。50年代からR&Bそしてソウルそしてロックの名盤を出し続けたアトランティック・レコードのプロデューサーのひとりだ。彼が手がけたミュージシャンもリリースしたアルバムもあまりにも多すぎて何から挙げていいのか迷ってしまう。とてつもなく大きな功績としては、まずレイ・チャールズの本領を見抜き世に出したことだろう。ウェクスラーがこの本の中でレイ・チャールズは本当の天才で、自分がやるのはレイがレコーディングする環境を整えることだけで音楽的に口を出すことは何もなかったと言っている。しかし、それがレイにベストの録音をさせるベストの方法だと最初に気づいているところがウェクスラーの才能だ。
また、コロンビア・レコードでジャズ・ブルーズを歌ってパッとしなかったアレサ・フランクリンに、彼女の持ち味のゴスペル・テイストをたっぷり出させてソウルの女王にしたのもウェクスラーの手腕だ。彼が手がけたミュージシャン・・ソロモン・バーク、ウィルソン・ピケット、オーティス・レディング、ラヴァーン・ベイカー、ジョー・ターナー、プロフェッサー・ロングヘア、クライド・マクファター、ドリフターズ、デラニー&ボニーなどなど、、もう枚挙にいとまがない。そして、ヒットしたアルバムの数も数えきれない。しかし、ヒットしただけでなく、最も大切なのはその後の音楽シーンを変え、音楽史に残るアルバムをたくさん作っているところだ。
この本を読むとジェリー・ウェクスラーを癇癪持ちで、短気で、怒りっぽくてつき合いにくい人物としている周りの人たちもいるが、こんなに自分の生きている時間を濃密に音楽製作に使った人もいないだろう。自分の音楽的美意識がはっきりしていて、自分の好きなミュージシャンを心から愛し、いくつもぶつかり合いはあるもののいいものを作ることに邁進していく彼のあふれるほどの熱意、情熱に圧倒される。周りの人間に偏狭と思われようが、自分の耳と心を信じて粘り強く音楽をつくる人間。彼が人間的にマイナスのところを持っていようが、家庭人としては充分でなかろうが、有り余るほどプラスのことをウェクスラーはその仕事で残している。

そういうプロデューサーやディレクターや音楽メディア、出版・・いわゆるこの、日本の音楽業界にもかって数少なくそういう人がいたが、もう久しく会っていない。それは僕自身がいる場所がよくないのか、どうかわからない。
いま周りにいる人たちは、みんな、いい人になんだけれど・・・。
しかし、元々、人間的にある部分だけ過剰だったり、思入れが強すぎたり、特殊な表現が出来たり、常識外れだったりする人間が歌ったり、演奏したりしているのに、それを製作する側の者が自分へのちっぽけな風評なんぞ気にしてどうすると言いたい。まあ、音楽やっている人もやっかいな人は少なくなったけど。音楽に関わらず面白い人、興味深い人はどこかやっかいなんだけどね。

だからこの本のジェリー・ウェクスラーの"正しい変わり者"ぶりは実に痛快だった。

『永井“ホトケ”隆のブルースパワー・ラジオ・アワー/HOTOKE’S BLUES POWER RADIO HOUR』リリース!!!

ファイル 85-1.jpg

永井“ホトケ”隆のブルースパワー・ラジオ・アワー
HOTOKE’S BLUES POWER RADIO HOUR

P-VINE RECORDS PCD-20346
定価:¥2,000 + 税
監修・選曲・解説・DJ:永井“ホトケ”隆
歌詞カード付

2014年10月8日発売

聴けば絶対ブルースが好きになる!
★70 年代にウエスト・ロード・ブルース・バンドでデビュー以来、現在のブルーズ・ザ・ブッチャーに至るまで第一線で活動を続けてきた日本屈指のブルースマン、永井“ホトケ”隆。彼がDJを務めるラジオ番組〈ブルースパワー〉の7 周年を記念したスペシャル・コンピレーション!
★各曲前にホトケによるDJトークを収録して実際のラジオ番組を再現!ブルースに造詣が深い彼が監修、選曲、ライナーノーツで楽曲やアーティストについて解説したブルース入門者にも楽しめる一枚!

【収録アーティスト】B.B. キング、オーティス・ラッシュ、エルモア・ジェイムズ、ハウリン・ウルフ、ライトニン・ホプキンス、マジック・サム、ジョン・リー・フッカー、Tボーン・ウォーカー、ローウェル・フルスン、ブラインド・レモン・ジェファスン、ジュニア・ウェルズ、ザ・ブルーズパワー、ブルーズ・ザ・ブッチャー、J.B.ルノアー、ピート・ジョンスン、リトル・ブラザー・モンゴメリー、ピート・ジョンスン、ウィルバート・ハリスン

1. I BELIEVE : THE BLUES POWER 4:50
2. DJ Talk about “Mojo Hand” 1:05
3. MOJO HAND : LIGHTNIN' HOPKINS 3:05
4. DJ Talk about “Riding In The Moonlight” 0:53
5. RIDING IN THE MOONLIGHT : HOWLIN' WOLF 3:08
6. DJ Talk about “Roll ‘N’ Roll” 0:55
7. ROLL 'N' ROLL : JOHN LEE HOOKER 2:42
8. DJ Talk about “Keep On Drinkin’” 0:45
9. KEEP ON DRINKIN' : LITTLE BROTHER MONTGOMERY 3:09
10. DJ Talk about “Swingin’ The Boogie” 0:58
11. SWINGIN' THE BOOGIE (SUNSET ROMP) : PETE JOHNSON 2:53
12. DJ Talk about “Hey Hey Baby” 0:44
13. HEY HEY BABY : T-BONE WALKER 2:26
14. DJ Talk about “Blue Shadows” 1:08
15. BLUE SHADOWS : B.B. KING 3:48
16. DJ Talk about “Talkin’ Woman” 1:05
17. TALKIN' WOMAN : LOWELL FULSON 2:32
18. DJ Talk about “Match Box Blues” 0:53
19. MATCH BOX BLUES : BLIND LEMON JEFFERSON 3:02
20. DJ Talk about “The Sky Is Crying” 0:52
21. THE SKY IS CRYING : ELMORE JAMES 2:51
22. DJ Talk about “Little By Little” 0:35
23. LITTLE BY LITTLE : JUNIOR WELLS 2:36
24. DJ Talk about “Easy Baby” 0:50
25. EASY BABY : MAGIC SAM 2:47
26. DJ Talk about “I Can’t Quit You Baby” 1:01
27. I CAN'T QUIT YOU BABY : OTIS RUSH 3:09
28. DJ Talk about “I Feel So Good” 0:38
29. I FEEL SO GOOD : J.B. LENOIR 2:18
30. DJ Talk about “Kansas City” 0:39
31. KANSAS CITY : WILBERT HARRISON 2:30
32. VOODOO MUSIC : blues.the-butcher-590213 4:47

ページ移動